イロイロ思うことが多い年頃です。今のこと・未来のことのつぶやきです。


by from29to30
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

30代初の・・・

合コンをしました。
基本的に合コンは好きではなく、ここ何年も行ってませんでしたが、ハードなお盆も乗り切ったので、
 「ま~飲めれば、いいや~」
くらいの気持ちで行きました。
それに、合コンとは名ばかりの既婚者が多かったので気が楽でしたし。

特殊な職業の方達7名と私たち職場が一緒の女性陣7名。
お互い専門職なので、興味深い話がたくさんで素直に楽しかったです。

で、なんとなく席が隣になった方と話が合い、
 「じゃ、今年の冬はスノボに行きましょう」
と、指きりまでしてました。
はれ、指きりなんて、なんと久しぶりのことやら!

で、私が美術館巡りが趣味だと言うと
 「自分も行きたいっす」
と。
来月、一緒に行く事になりました。
はれれ、こんな合コンで知り合った方と出かけるなんて生まれて初めてですよ!

で、当然の事ながら連絡先を交換しました。
うーん・・・
なんだ・・・
この展開は・・・


正直、この方の雰囲気はよかったです。
しっかり仕事をしているし、素直だし、不器用そうだけど、優しい感じ。
また話がしたいと思いました。

今後、どうなるか分りませんが、ちょっとワクワクしてます^^
[PR]
by from29to30 | 2007-08-24 15:16 | 思うこと

19時 特許庁 16階

仕事を終た後、知り合いに誘われて特許庁の16階へ行きました。
特許庁・・・国会議事堂を裏にし、新霞ヶ関ビル、首相官邸、アメリカ大使館等に囲まれています。
で、なにゆえ行ったか?
はい、飲みに行きました。
うふ。

特許庁・16階のラウンジは一般市民に開放しているのです。
都内の夜景を見ながら、16階の食堂(ホント食堂)でビールとつまみを頂けるのです。
レインボーブリッジや東京タワー、なんだか分らないけどライトアップされている都会の夜景。
そりゃ~、きれいでした
しかも、雷が鳴っていたので、異様な空模様の下の夜景はなかなかオツなものでした。

う~ん、 トウキョウってすごいぃ~。地元では見られないようなたか~い建物ばかりでぇ~。

と、田舎っぺ丸出しでした。


オトナになるって、本当に素敵な事です。
自由にどこへでも行ける。
自由にお金も使える。
楽しみも増えてゆく。

ただそれをできるまでに努力とか束縛とか面倒なこともこなさなくてはいけないけれど、少女時代のあの窮屈でどうしようもない所からは抜け出せたのが、救いです。

よ~し、またトウキョウ見物します!
[PR]
by from29to30 | 2007-07-31 19:47 | 好きなこと

ブルーノート青山

金曜の夜、行って来ました 『ブルーノート青山』ジャズを聞きに。
女友達と二人で、オトナの夜を過ごしました。
二人して、
 「お~、オトナだね~」
 「う~ん、オトナだね~」
満喫でした。

開演2分前に着席し、1杯のカクテルを飲みながら来日した女性ボーカルとバス、ギタードラム、ピアノのライブをうっとりと聞きました。
女性ボーカルは思ったより、豊満な肉体で、パッと見ると
 「え・・・」
ってな感じでしたが、友達いわく
 「歌がきれいで、だんだんと女神に見えてきた」
その通り!
オレンジのシルクドレスと10Cmのシルバーのピンヒールのいでたちでした。

英語でMCをするのですが、よくは分からない・・・。
理解できたのは
 ・今夜が最終日だけど、とてもいい時間だったわ。
 ・英語が分る人がいないのかしら・・・ジョークを言っても反応がないから不安になったわ。
 ・7枚目のアルバムが出たの。
 ・ファーストアルバムでもっとも好きな曲の一つを歌うわ。

こんなものでした・・・
日本の英語教育って、こんなもんよね、ふっ。

おいしいカクテル&プロのライブ演奏&青山の街&オトナの空間・・・
オトナになってよかった!

ブルーノート、また行きますわよ~^^!
[PR]
by from29to30 | 2007-07-07 07:02 | 好きなこと

料理教室 part3


f0120851_1846208.jpg
最終回の料理教室でこれを作りました。

一緒に作ったのは20代前半の女性。
ちょっと、ぽ~・・・とした女の子。
私は相変わらず眠たいし^^;
でも、のんびり二人で作り上げました!

主食がいつもフランスパンだったのですが(そりゃ、そうです洋食ですから^^;)、生徒さんから
 「やっぱり、白いご飯が欲しいなぁ~」
と、出たので、用意をしてくれました。
ありがとう、先生っ。

以上で料理教室は終了。
after 5を楽しみました^^!


そして、白さんにバス停まで送ってもらうのもこれで最後の日でした。
帰りの支度で、一番遅くにエントランスを出た所で、ちゃんと待っていてくれました。
 「一緒に帰ろう!」
と。
仕事の話のみをして、トボトボと歩きました。
車中の私に手を振って
 「バイバ~イ」
で、おわり。
本当におわり。
それ以上の進展なし。


どうも、私がダメですね。
何やら、そわそわして彼に近づけません。
仕事以外の話はできません。
メールアドレスも聞けません。
冗談も言えません。

いつから、こんなに臆病になったのか・・・。

『年を重ねてから恋愛するのが怖くなった』
って、ドラマのありきたりのセリフですが、本当に、そう。

ありきたりの状態になっている、フロム30歳なのでした。
[PR]
by from29to30 | 2007-06-04 18:58 | 好きなこと

料理教室 part 2

もう終了してしまいましたが、5月に通った料理教室。
第2回目は、これを作りました↓
f0120851_18334460.jpg


私は夜は弱い人なので、睡魔との闘いでした^^;
先生の説明が17:00~17:45。
 「あ~眠い・・・眠い・・・もう、先生の作った、その見本のでいいから、食べさせて。
んで、帰らせて。眠いからぁ~・・・」
と、心の中で叫びつつ、必死に目を開けていました。

これを作ったのは、参加者の男性(20代後半)とでした。
スーツ姿で、紺のエプロンをして、奮闘していました。

フロム  「どうして料理教室に通おうと思ったんですか?」
男性   「自分でも作れるようになりたくて。自分で作った物って、やっぱり美味しいじゃないですか^^」

男性がワイシャツをめくって、一生懸命包丁を握っている姿も、いいものでした。


そういえば、このレシピをもらっても、一度も家で作ってない・・・。

料理教室の成果はいつ発揮されるの?!
[PR]
by from29to30 | 2007-06-04 18:42 | 好きなこと

東京丸の内ビル

東京・丸ビルの公開録音に行ってきました。

主催 J-wave (FM 81,3)
開場 18:30. 開演19:00. 
出演 村治佳織 (クラシックギターリスト)
    古武道 (ピアノ・チェロ・尺八のトリオ)

ほとんどテレビを見ずに、ラジオで過ごします。
村治佳織の番組を聞いていて、応募したら、当たりました!
丸ビルも久しぶりで、隣には新丸ビルもキラキラと夜の光を放っていました。

やはり、プロってすごい。
人生のあらゆるものをつぎ込んできた自信とプライドと情熱。
だから、魅力的なんですね。
楽器は優雅な形をしているけれど、演奏は激しい。
その演奏姿を見るのも、またライブならでは!

丸ビルの1Fエントランスホールで行われていたので、ガラス張りの道路の向こうの通行人が
 「あれっ?コンサートじゃない?」
と、観客がどんどん増えていきました。
夕暮れから夜になって、ホール内の光が外にあふれて。


またしても、一人で行きまいした。
友達を誘ったのですが、仕事に追われてしまって^^;。
一人で座っていて、ふと寂しくもなりました。

   感想を言い合えないって、なんか、な・・・。

この寂しさは相変わらずいるんですね。
30歳になったから、周りを見るとカップルだけだから、とかではなくて、寂しさは継続しています。
楽しい思いは共有したい。

さて、いつできることでしょうか・・・。

お世話になっているある年配の女性が言いました。
 「フロムちゃん、もっと幸せになっていいんだよ」
ビックリしました。
自分はもう、これくらいの幸福度でいいんだ。
と思っていた(思い込もうとした?)のに。

もうちょっと欲を出して、幸せになりたいです^^
[PR]
by from29to30 | 2007-05-29 22:39 | 好きなこと

三十路になりました!

先週、三十路になりました。
感想・・・。

30歳、万歳!
とてもいいものだぁ~!!


です。
あんなに四苦八苦もがいていたのは、はて、何だったのだろうか・・・

気持ちがこうなったのは、30歳の誕生日の夜に仲間がお祝いしてくれたからです。
職場の若手たちが8人が深夜2時まで、ホント盛大に祝ってくれました。

こんな誕生日は初めてでした。

仲間がバースディ・ソングを合唱してプレゼントを贈ってくれ、ガハガハ笑って。
こんな30歳の誕生日を迎えるだなんて、思ってもいませんでした。
だから、本当に本当に嬉しかった。

プレゼントもたくさん頂きました。
ヒスイの手作りブレスレット。
元気語録カレンダー。
お風呂セット。
CHANELの口紅。
手作りのハートの置物。
花束。
・・・
そして、
 「フロムちゃん、おめでとうぅ~!」

もぉ~嬉しくて嬉しくて。

8歳か9歳の頃の誕生日を迎えたのと同じ気持ちでした。
単純に
 『お祝いしてもらって、うれしい!』
仲間がいて、友達がいて、そういう人たちと一緒に仕事をしていて、お祝いしてくれて。
幸せだぁ~。

と、言うことで30歳初日は二日酔いで一日中ベッドの中でした・・・^^;


さて、このブログ。
めでたく無事に三十路になりましたが、このまま続けようと思っています。
誰に向けてでもないのですが、これを作ることで整理ができるような気がするのです。
公開にする必要もないのですが、コメントくださる方々に励まされていますし、それがまた楽しいので^^。
どうぞ、末永くよろしくお願いいたします^^

三十路になったフロムでした。
[PR]
by from29to30 | 2007-05-28 18:39 | 自己紹介

クラシック・コンサート

金曜の夜。ブラームスを聞きに東京芸術劇場(池袋)へ行ってきました。
もちろん、ひとりで・・・!
f0120851_101384.jpg

<大ホールはこの上にあります。パイプオルガンのある美しいホールです>

好きなんですクラシック。特にピアノ。20歳過ぎても習っていたので愛着があるんですね。
落ち込んだ時は、ピアノを弾きながら心の整理をしてます。

昨夜はウラディミール・フェルツマンが2年ぶりに来日したので期待して行きました。
彼のピアノを初めて聴いたのは偶然ラジオで。
バッハでした。
 「なーんて理論的で、ずしーんとしているんだろう。強いなぁ」
と、印象に残り、やっとライブで彼のピアノを聴くことができました。

f0120851_1015854.jpg

<彼のパンフレット>
予想以上に強く、重い音でした。
川の上流にある、でっかいゴツゴツした岩のような感じ。
彼の人生も(ソビエトから抑圧を受け、冷戦後の今はアメリカで後継者の指導をしている)彼の意思もそうなのだと感じました。

私は末席でした。
聞ければいい、空間に入れればいいだけなので、どこでもいいので。
で、隣に座っていたおじいさん。
運動靴にジャンパー姿。
 「ちょっとそこの公園を散歩してくるよ~」
みたいな格好で、静かに座っていました。
演奏が始まると、目をつむり、微動だにせず、全身神経をかけて ’聴いて’ いました。
彼の演奏が終わると、やんわりと笑顔で静かに拍手をしてから席を立ちました。
休憩をはさんで、次はオーケストラだけのブラームス交響第4番が始まるのですが、ライトダウンしても帰ってこない・・・。
 「おじいさん、大丈夫かしら・・・」
座席の下には、入り口で配られたパンフレットだけがきちんと置かれていました。

あ、おじいさんはフェルツマンのピアノ演奏だけを聴きに来たんだ。

本物のファンでした。

あの会場ってたくさんの人が来て、それぞれの人生を持って座って、同じ音楽を聴いているんですよね。
だから、おもしろい。
後ろの席のカップルの男性は、人生のウンチクみたいなのを話していたし、前の席の音大の女子生二人は勉強として聴いてたし、初めて聴きに来た夫婦もいるし。

クラシックって格調高いと思います。(良い意味でも・悪い意味でも)
だからと言って、全て最高の音楽とは言えません。
音楽は個人の好き・嫌いだけなんだと。
人生の中で、色々な事が起こります。
そんな時に偶然に必然的にある音楽が聞こえてきて、心の中で起こっている想いと音楽がリンクして、
 「ああ、いい音楽だな」
って、感じるものなんでしょうね。
個人的なもの。

とても良い夜でした。
また来よう。
[PR]
by from29to30 | 2007-05-19 10:05 | 好きなこと

料理教室

f0120851_18321470.jpg

<スペアリブの香草焼き。ホタテの香草炒め ~料理教室にて~ >

実は、5月から料理教室へ通いまいした。
通う・・・と言っても、全3回で、しかも、職場の2階で行われるものなのです。
お手軽教室ですね。
しかし、先生は○○女子大学の講師の方で、とても紳士的な方です^^。

これを申し込みしたら、偶然に『白さん』も受けるつもりだ、と・・・。
で、一緒に受けています。

全員で7名。
3グループに分けて、のんびりと楽しく受講しています。
ここで、発見!
 「私って案外、料理好きなのかもっ」
作っていると無心になれるので、昼間にあったイヤな事がさっぱり。
しかも、終わり頃には料理ができているわけですから。
むむ~、なかなかストレス発散だぞ。
自分の意外な一面が発見されたのでありました。

三十路前にして手習い。
これ、なかなかに良しのこと。
全ての子女に、勧めるべきものなり。
[PR]
by from29to30 | 2007-05-10 18:46 | 自己紹介