イロイロ思うことが多い年頃です。今のこと・未来のことのつぶやきです。


by from29to30
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Rest Room talking

職場のお化粧室は、女のホンネが出る場所でもあります。
今日のお昼。
違う課の女性(35歳)が話しかけてきました。
午前中にこんな事があった、と言うのです。

○○税理士事務所に行ったら、そこの社長さんが
 「君はいくつなの?」
と、聞いてきました。 
 「35です。」
普通に返答しました。
ところが、その社長さんは
 (「ま、まずいことを聞いた!」)
と、ハタと思ったらしく
 「いやぁ~今の時代は女性も仕事をしっかり持っているしねぇ~!結婚せずに頑張っている女性も多いし~!(冷や汗)」
と、フォロー(?)が入りました。
女性も
 「もう、行き遅れちゃって^^ (いたって、普通)」
と、言ったものの・・・

「ねぇ、フロムちゃん、これって私はどうしろって言うのかね??
私気にしてないのに、相手がイヤに気にしてくれると、自分が恥ずかしくなるわよ~

むむぅ~。
やはり女性に年齢を聞くにはそれなりの姿勢が重要ですよね。

パターン1。
結婚しているのが前提で、年齢を聞いてくる。
  →「お子さんはいくつなの?」 「旦那さんは優しいの?」など世間話を広げる手段。

パターン2。
こちらに『女』としての興味で、年齢を聞いてくる。
  →恋愛のキッカケ。

パターン3。
単なる世間話の流れで、年齢を聞いてくる。
  →女性側が結婚していないとなると、自滅行為につながる・・・

職場の女性の場合、パターン3になるのでしょうね。


世の男性諸君、女性に年齢を聞く時は気をつけたまえ。
女性が年齢を披露した、その次のあなた達の言葉に男性として、又、人間としての価値観が現れるのだから。


なーんて、肩張って言ってみました^^;
[PR]
by from29to30 | 2007-05-08 19:51 | 仕事