イロイロ思うことが多い年頃です。今のこと・未来のことのつぶやきです。


by from29to30
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

身体変化

もう日焼けしてます^^;
GW露天風呂で、のほほぉ~んと入っていたのが運のツキ。
これ以上、お肌がボロボロになりたくないのにぃ。

この1年で、随分とお肌の老化が目立ちました。
まず、ホウレイセン。
『笑いジワ』というヤツです。
消えない、消えないっ!
初めは保湿クリームを塗って、
 「な、なんとか治してやるー」
と、頑張っていましたが・・・。今は、
 「まぁ~あるものは仕方あるまい。受け入れるしかないのだ」
と、悟りました。
強くなる29歳・・・。

次に、髪の質。
パーマ&カラーで、痛める事は最大限にしました。
でも、以前だってしていたのに・・・。
パサパサ、つやは失われ、おまけに膨張。
どうすりゃ、いいのさ。
かまわなくなる29歳・・・。

最後に膝の痛み。
これって、これって、おばあちゃんがなる種類ですよ。
しかし、なるんです、本当に。
重くなって、屈伸するのに
 「ふっ、よいっしょっ!」
と、思わず声が出ます。
不健康話ができるようになる29歳・・・。

GWも終わってしまい、月曜日からあたふたして、もう夜です。
早く来い、来い、夏休み!

f0120851_1946942.jpg

<ちなみに基礎化粧品はニールズヤードを使っています>
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-07 19:47 | 自己紹介

国立新美術館

f0120851_19302259.jpg

エントランス。

f0120851_1932812.jpg

f0120851_1932448.jpg




「モネ  大回顧展」を友達と見に行きました。
職場で1500円→1400円になる割引券があったので。
モネの絵を見に行った、というより、人ごみに紛れに行った、という感じでした^^;
とても開放感のある設計なので、大勢の人がいたけれども、余裕がある空間でした。
新緑と光があふれていました。

f0120851_19383936.jpg

5分歩いて六本木ヒルズへ。
ここも、まぁ人が多くて^^;
大道芸人がパフォーマンスしていて、JーWaveのフリーマーケットも行われていました。

f0120851_19413488.jpg

朝日テレビ


どこへ行っても人・人・人でしたが、お天気も良く、初夏の色で気持ちが良かったです。
よく歩いたしね!

あと1日でGWが終わります。
明日は朝6時に出発。
こんなに出歩いたGWは初めてです^^;!
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-05 19:56 | 休日
職場の方たちと日帰り温泉へ行ってきました。

鴻巣(埼玉県北部)の『古代蓮の湯』へ!
もちろん立派な温泉。
遅咲きの桜がはらはらと散る中で露天風呂。
お肌がツルツルになる塩サウナ。
どくだみの薬草がプンプンの薬草湯。
たった500円で、4時間もの~んびりしちゃいました^^。

で、上尾にある『八兵衛』という地元豚のとんかつ屋さんへGo!
ガツガツ、モリモリ食べました。
私には珍しくご飯のおかわりまでして^^;

お天気だったし、ご飯はおいしいし、ドライブも最高でした。

あ~こんな日を休日の過ごし方というのだろう。
はて、今までこんなに満喫した休日を過ごしていただろうか・・・。

職場の方たちのトーク、そりゃ~オープンでした。
 「あの人は’自分かまってオーラ’がむんむん!」
 「仕事を信頼できるのは、あの人だよね~」
 「ありゃ、上司として間違ってる」
などなど、出る出る・・・。

『白さん』についても言及してました。
 「まだ若いのに、あのわけの分らない上司たちに対等に話せる彼は偉いよ。」
 「でも、フロムちゃん、彼は私のものだから譲らないわよ~。フロムちゃんがもっとランクアップした女になったら、譲ってかげるから~!」
と、冗談なんだろうけれど、ドキッとするお言葉を頂きました^^;
ねぇさん方、そりゃ~随分ワガママじゃ、ありませんかい??

お肌もスベスベ、お腹も満たされ、贅沢な休日でした。
普段、一生懸命働いているんだもん。
こういう時間も’アリ’ですよね^^
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-04 20:11 | 休日

Mother's birthday

f0120851_1327141.jpg

<イタリア料理屋さんにて。まだ誰も来ていません>

ちょっと前の出来事ですが・・・
母の誕生日だったので、隣の市のイタリア料理屋さんへ。
とても美味しいお店なんです。
休日にはオープンテラスにしてウェディング・パーティ。週末にはジャズやクラシックライブが行われます。
ソムリエもいるし、焼き窯もあるし、ワインもたくさん。

私は家族と食事するのがちょっと苦手です。
恥ずかしいのか、食べ方が合わないのか、どうも落ち着かない・・・。
何かのお祝いで
 「じゃ~、食べに行こうか」
と、言われても、私はほとんど行きませんでした。
が、もういい年なので
 「仕方ないなぁ。親孝行だ」
と、思って予約をしました^^; (可愛げのない娘です・・・)


f0120851_13343295.jpg

<お店の自家製誕生日ケーキ>
予約時にケーキもお願いしました。
ウクレレを弾きながらボーイさんが持ってきてくれました。
ちょっと下手な感じがまた暖かみがありました^^
 「来年はもうちょっとウデを上げますので^^;!」
と。


両親も60代になり、いつまでこうやってお祝いできるのだろう。
と、寂しくもなります。
仕事柄、年老いていく方達と接しているので、決して明るいものではないな、とも思いますし。
親不孝も随分してきたので(!)、一つ一つの行事を大切にしたいな。


おいしい夜でした。
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-03 13:43 | 思うこと

嬉しい夜

好意を持っている職場の男性。仮に、『白さん』と名付けましょう。
お互いに事情があり、21時まで職場にいました。
出口でバッタリ会いました。
白さんは自転車。
私はバス停まで徒歩。
しかし、バス停まで暗い夜道を10分かかります。
ためらいましたが、お願いをしました。
 「すみません、バス停まで暗くて怖いので、一緒に行ってもらえませんか?」
心臓バクバクですよっ。
白さん
 「そうだよね、暗いと。いいですよ^^」
と。
本当に助かったのと、またもや心臓バクバク・・・。

バスが来るまで、一緒に待っていてくれました。
結局30分ほど、話していました。
こんなに長時間、二人きりで話したのは初めて!


まぁ、内容は仕事のみでした^^;
が、仕事が人と人とのコーディネートというので共通点が多く、共感できる部分が多々ありました。
彼は今の仕事に誇りを持っているし、関係ある人たちに誠実に接していきたいと一生懸命でした。
組織的なこと、役割の意味、ビジョン・・・明確に意見を持っていました。

バスが来た時に、白さんが言いました。
 「連休明けにまた話しましょう!」

・・・!
落ち着け、フロム!!
仕事上の話をしたいんだぞ、白さんはっ。
同じような職種の人と、仕事の話のみをしたいんだぞっ。
プライベートな興味ではないんだからっ。

と、言い聞かせたものの、バスの車内で一人ニヤケが収まりませんでした。


一方、ふと
 「なんで、こんなに気持ちを抑えているんだろう、私は・・・」
と。
怖いのかしら。
私29歳。白さん27歳。単なる職場が一緒なだけ。
あちらに大切な恋人がいるかもしれない。
望みがないのでは?
叶わない望みならば、望まなければ面倒な事も起こらなくてすむ。

うーん、この年で幼い気持ちです^^;
あれ、前までどうやっていたっけ??


とりあえず、連休が明けたら、白さんと飲みに行きます。
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-02 23:38 | 恋愛

一人で過ごす

ゴールデンウィーク。
充実した休日を送ろう!
と、言う事で、29日の行動。

 7:00  起床
       いつもより、ちょっとだけ遅起き。


 13:00 美容院へ
       馴染みの美容師さんにカットだけお願いしました。


f0120851_19373576.jpg

<自転車と私の影>
 14:00 伊勢丹へ
       自転車でコキコキ10分。
       春夏のスカート2枚、ゲット!
       オフホワイトのフレアと黒のマーメイド。うふふ~。


f0120851_19381539.jpg

<ビールは苦手なので、もっぱら缶チューハイ>
 16:00 酒
       初夏の夕暮れ色の空を見ながら、缶チューハイ。
       「う、う、うますぎるっ。贅沢すぎるっ。嬉しすぎるっ。」
       お豆腐とキュウリをつまみにして、一人、ラジオを聞きながらベランダにて酔う。


 20:00 就寝

これでいいのかーフロムよ!
はい、これでいいのです。これ、いいのです。

思うんです。
素直に一人でいる寂しさを痛感しています。(本当に痛いくらいに)
隣に誰かいれば・・・と思うことが多々あります。
でも。
今は一人を楽しめる時期でもあると思うので、楽しむことにしています。
 「あ、寂しいなぁ~」
と、感じる心の隣に
 「あ、満喫してる、自分時間っ!」
と、わくわくする心もあります。

落ち込み続けるにもパワーが必要です。
そこへパワーをつぎ込むよりも、今ある時間・立場・環境・気持ちを大きく見つめよう。

昼酒を飲みながら、じんわり思いました。
       
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-01 19:56 | 休日

20代最後の旅で

温泉へは友達と二人で行きました。
彼女はおしゃべりではなくて、静かだけれど、思いをたくさん持っている素敵な女性です。
エメラルドグリーンの渓流を見て、
 「なんでこんなにきれいなんだろうね」
 「ほんとだよね^^」
と、思いを言い合えるって、豊かな感じがしました。
これが一人旅だったら、心の中で
 (「あ~きれい」)
で、終わり。
隣に彼女が歩いていてくれて、嬉しかったです。

と、思いつつ、私はきっと欲の塊なのでしょう。
 「あ、隣にあの人がいたら、また違ったろうになぁ。いてくれたら、いいのになぁ・・・」
職場の男性のことを、ふと思いました。
山奥の人寂しい温泉地だから、思ったのでしょうか。

20代最後の旅が、この温泉旅行でした。
あと1ヶ月もしないうちに30歳になります。
だいたい自分とも(過去の自分、今の自分とも)折り合いがつくようになってきました、ようやく。
『落ち着いた』とも言える、かな。

そして、同じ年の彼女と旅行をしていて、お互いにそれぞれ不安とか動揺とか孤独とか在るのが明確になってきている、とも感じました。
『大人』になっています、明らかに。
乗り越えてきたもの、前より落ち込まなくなった出来事、一人でできるもの・・・たくさんクリアする能力を備えることができました。
でも、でも、どうしても折り合いがつかないものもが依然とありました。
彼女と深夜、浴衣姿で話していて感じました。

彼女は
 「どんな時でも、背筋のピンッと伸びた女性になりたい」
と、背筋を伸ばして言いました。
私は
 「優しくて強い人。で、『私ってちょっと損してるなぁ』って思うくらいになりたいなぁ」
と、言いました。
奇跡のような楽しい事って、ほとんどない。
でも、ごくたまにある。
身近な人たちの心が少しでも和らぐように、自分から少しでも役に立てれば、いいなって思います。
例え、自分が損している、と感じても。

とても素敵な旅でした。
そして、とても素敵な友達だと確認できた旅でした。
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-30 18:08 | 思うこと

四万温泉

f0120851_17204588.jpg

女友達と群馬県の山奥、四万温泉へ行ってきました!
GW前だったので、静かな旅でした。
バスで40分。
どんどん山の中へ・・・。



f0120851_17224483.jpg

なんて言う、渓流の色でしょう。



f0120851_17242369.jpg

ゆったり足湯。
通りかかりのおじさんが
 「おっ、いいね~。足マッサージしてあげようかぁ?なーんちゃって、イヤだねぇこの年で!ハハハッ」
と、去っていきました。
あの、おじさんは一体、何者だったのだろうか・・・。



f0120851_1727228.jpg

おやつに甘味処へ。
窓の下には渓流がそばに。
向かいの岸には露天風呂で、おじちゃんたちがお猿のように入浴中でした^^;
自然体のお猿たち・・・
ま、温泉地だしね^^;!



f0120851_17294067.jpg

あっという間に
  「ごちそうさまでした!」
おいしかった~。



f0120851_17305841.jpg

帰りの電車内で、前橋名物・鳥飯。
「量が多いよぉー」
と、言いつつ完食っ。
f0120851_17325095.jpg

[PR]
# by from29to30 | 2007-04-30 17:45 | 休日
仕事で97歳のおじいさんと93歳のおばあさんの二人暮らしのお宅へ訪問しました。
お年の割合には、とてもお元気です。
昨年、よく世話をしてくれた息子さんが突然亡くなり、
 「悩み尽きるまで悩みましたよ」
と、おじいさんがおっしゃっていました。

で、おじいさんがこんな話を・・・。
 「息子が死んで、どうしたらいいもんかぁ・・・と思っていた時、枕元によく来てくれまして、ね。
  『お父さん、元気か?』
  って心配してくれるんですよ。だから、わしも
  『元気だ。お前はそっちの世界でどうだ?』
  って、話していたんですよ。
  でも、となりに寝ているお母さんには見えないって言うんでねぇ。
  毎晩、毎晩、会いに来てくれて、ここしばらく来てくれなっかったけど、昨晩、来てくれましたよ^^。嬉しかった~。
  息子が言うには
  『死んでこっちの世界に来てから、一生懸命働いたんだ。で、やっと暇をもらってお父さん    の所に来られたんだ』
  って。
  で、息子が色々アドバイスしてくれるんですよ。
  『お父さん、こうした方がいい。あの人にはこう言った方がいい』
  って。だから、息子の言う通りにしてるんです。助かります^^」

泣きそうになりました。
怖い、じゃなくて、親子の絆って次元を超えてつながっているんだな、って。
そして、明治生まれの97歳となったおじいさんは、この世にいるけれど、また違う世界にも通じているんですね。

私はあの世があるのを自然だと思っているので、違和感のない話でした。
こういう仕事について、何人、何十人ものお年寄りを見送ったので、あの方達も向こうの世界にいるんだ、と思うことで安心させている自分の心もあります。

おじいさんの話はとても合点のいく話だったので、印象に残りました。
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-27 08:22 | 仕事

f0120851_12494267.jpg

最寄り駅から。わかりますか、遠くに富士山が見えます。

『ラブ・アクチュアリー』見ました。
レンタル屋でずーと気になっていましたが幾度と素道り。
「ま~気になってたんだから見てみようか~擬似恋愛できるだろう!(←怖いよ、私…)」
自室でほうじ茶をすすりながら見たら、存外面白かった!
8歳の男の子の恋、AV俳優と女優の恋、イギリス首相とメイドの恋、不倫の恋…
中でも精神障害の弟を持ったカレンと職場の同僚カールの恋。
うまくいきそうになると弟から
「僕は死んでしまえばいいんだ」
と携帯が鳴る。カールが
「後でもいいんじゃないか」
と静かに言っても姉は携帯のコールに反応してしまい、結局うまくいかない…お互い想い合っているのに。

せ、せ、切ないよー!
この切なさがまたいいのだけど、ね。
カールとうまくいきそうになった時にカレンが
「1秒待ってて」
と、壁に隠れて
(「キャー嬉しすぎるーっ!」)
と、1秒で歓喜を爆発させるんです。
私も一緒に嬉しくなっちゃう!

あ~まんまと映画監督の思うツボにはまる簡単な観客のフロムなのでしたσ(^◇^;)。。。
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-25 12:49

お酒と練り消し

f0120851_19311559.jpg

職場の30代女性(既婚・子供なし)と40代女性(離婚・子供あり)と飲みに行きました。
年上の方の話し振りには圧倒されます。仕事の愚痴、上司・同僚への不満、噂話、親の介護への不安…出る出る。
私は飲んでいて愚痴をこぼすのは好きではありません。愚痴を言っている自分の姿が嫌いだし、こぼす事で余計に落ち込んでしまうから。前に付き合っていた人は、ちょっとこぼすだけで
「あっ愚痴ってしまった!」
と、ストップして話題を変えていました。言ってくれた方が彼女的には嬉しいのですが、ね。

で、その飲みの席では私はもっぱら聞き役…それも手持ち無沙汰なので練り消しを作ってましたf^_^;
ありゃりゃ、こんな作品…

お酒は楽しく飲みましょう!
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-24 19:31
f0120851_22121830.jpg

<上野国立博物館にてステンドグラスです>


あと1ヶ月ちょっとで30歳になります。
ここに来て、どうも精神的に浮き沈みが目立ちます。
 「よ~し、今年は結婚するから!」
と、豪語したかと思えば、次の日は
 「このまま女の人生終わるのかなぁ」
と、撃沈してます。

ホルモンのバランスが悪いから?
30歳を境と決め付け過ぎているから?

40代の女性が
 「フロムちゃん、30歳になっちゃえば、何も不安はなくなるから大丈夫よ^^」
と、言っていましたが、今はそれすら受け入れられません。

なぜ、不安なのかしら?
やはり、恋愛・結婚・出産したいのにできていないから、かな。
同じ年の女性が言ってました。
 「結婚がこんなに難しいなんて思わなかった」
彼女も恋愛・結婚してません。

人間としての営みがフツーにできない。
(ま、フツーって何だと言われると定義は難しいですが)
母も祖母も叔母もいとこのお姉さんもしていることが、今、私にはできていない。
子供の頃、当たり前に
 「私はいつかお母さんになるんだぁ」
と思えたのに。

ロスト・ジェネレーション(団塊世代の子供たち)に当たる私。
今までにない困難が続々出てきているけれど、いつの時代でも困難はありますものね。


好きな言葉。
 『期待しすぎず、絶望しすぎず』
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-21 22:04 | 結婚

会議の後で

金曜の午後、市内の某施設において会議がありました。
無事に終了し、
 「今週もあと1時間で終わりだぁ~」
と言う事で、同僚の女性と好感を持っている男性と3人で、ドライブへ繰り出しました。
市外の広大な公園へ Lets Go !
『実地調査』という名目で^^;

空は夏色になりつつあって、車窓を全開にして、新緑の香りをいっぱい吸いました。

あ、緑の香りだ。
懐かしい。

最近、ブルーになることも多くて、自分でもどうしたらいいのやら、と思っていました。
たとえドブ川を沿って自転車をこぐだけでも清々しく感じたり、仕事帰りに
 「あー今日も頑張ったよー」
と、空を見上げると下弦の月が昇っていて神聖な気持ちにちょこっとなったり。

だから、仕事中にちょっとしたドライブで自然の中へ行けたのは、本当に気持ちが良かった^^
人の力でない、草とか葉っぱとか太陽だとかいう力ってすごい浄化力があるんだな。

仕事中なのにいい時間でした!
ちょっと好意をもっている男性とも一緒だったので^^;
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-21 21:36 | 仕事

上司

19年度になり今夜は歓送迎会でした。
いやいや、私は欠席でとっとと帰宅しこれをアップしています^^;

退職したのはトップ二人。
個人的に好きになれなかった方達なので、もう会わなくてすむと思うと楽です。
幹事が隣の席の女性で、お昼にこんな電話をしてまいした。
 「送別会で渡す花束を二つお願いしたいのですが。
  え~予算は1つ4000円で。どのくらいの大きさになりますか?
  (-結構、立派にできますよ)
  ・・・あ~、じゃ~3000円のでいいです~」
1000円ケチちゃった!
「くれてやるぜぇー!」くらいの勢いでランク・ダウンしてました^^;
彼女は相当嫌いだったらしいです。

怖いですね、職場って。
表面では
 「そうですねぇ~^^」
 「わかりました~^^」
なーんて、言っていても腹の中では
 「お前が間違ってるんだよっ」
 「何度、説明したらわかるんだ、お前がやれっ」
とか思っているんですから。 (←私の腹の中でもありますが^^;)

新任で来た上司は、なかなか話好きの方です。
ま、朝のちょっとした時間しか話していませんが。
「天下りで来ましたー」
というのんびりした感じです。
毎朝会う時には寂しそうなので、話しかけてあげてます。
 「いつも早いですね」
 「お近くにお住まいなんですか?」
とか。
嬉しそうにご自分のことをはなしてくれます。

寂しいよなぁ~60歳過ぎて、新しい職場で仕事もなく、一人ぼっちって。
なので、しばらく話し相手になってあげよぉ~と思ってます。
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-17 19:08 | 仕事

皇居へ!

f0120851_18383622.jpg

f0120851_18393651.jpg


先月になりますが、大学時代の友達と皇居へお花見へ行きました。
まだ、満開ではなかったけれど^^;

東京駅に1時に待ち合わせをして、再び東京駅に戻ったのが5時。
その間、ずーっと歩き続けました。
皇居のお堀一周→武道館→靖国神社コースでした。

彼女は結婚して派遣で働いています。
オフィスが27階ですが、ダイエットのためと階段で上り下りしてる、と!
ガッツあるわっ。

かくいう、私もお天気の良い日は往復1時間の自転車通勤をします。
冬は耳がちぎれるくらい寒く、夏は汗だく。
日ごろ運動なんてしない私にはよい時間になってます。
でも、やせない・・・。
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-15 18:41 | 友達

お酒

お酒が好きです。
強くはないけれど、五臓六腑に染み渡る感じとか、普段話せない人とゆっくり話せる時間とか好きです。

でも、飲みの後のカラオケがどうも・・・。
歌が下手というのもあるし、あの密室で盛り上がるの雰囲気に違和感を持ちます。
お世辞で拍手したり、笑ったりって疲れちゃうし。
好きな人は心から楽しめるのでしょうけれど、ね。

一番好きな飲み方は、昭和の香りのする居酒屋で食べる&飲む、か
静かなカウンターでちびちびっていうのです。

大人になって本当に良かったって思う1つがお酒ですね。
美味しいと感じられること。
ちょっと夢見心地になれること。
言い訳ができること。(その瞬間だけだけれど)

ああ、オトナって贅沢。
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-13 23:56 | 思うこと

バス・電車

夕方から冷たい雨。バスで帰って来ました。
マンションの軒下で雨宿りをしていたら、中学生男子2人も雨宿りに。
バスからは死角になっているのですが、屋根が他にない。
しばしのバス待ち中・・・。
 「バスがそろそろ来る時間だけれど、まだいいかなぁ~」
ぼんやりしていたら、バス通過っー!
 「ええー?!」
と、思いきや、中学生男子がバスを追いかけ、猛ダッシュ。
手を振り手を振り、止めてくれました。
 「おおーやべー!止まってくれたよー!」
 「オレラ、ちょーラッキー!」
 「おお~私もラッキーッ!」 (心の中で叫びました)
と、彼らの後にすごすごと乗り込んだフロムでありました。
お~中学生男子よ!よくぞ止めてくれたっ。
若いって思いっきり走れることなのね・・・。


先週の日曜日、中央線に乗っていましたら、ベイビーをおぶったお母さんが私の座席の前に来たので席を譲りました。
2つ左隣の席に10代後半の女の子が座っています。そこへ、親子連れのお母さんがやってきました。
 「はて、この女の子はどうするのかしら」
と、端目で見ていましたら、なかなか動かない。
でも、だんだんと良心の呵責なのでしょうか、電車の速度が安定した頃に無言でその親子に席を譲りました。

これは、なんだろう?

少女の心には
 「席は譲るもの」
と、あったのでしょう。
しかし、実際に「どうぞ」と声をかけて移動するには恥ずかしかったのかもしれない。
だから時間がかかったのだろう、な。

親切をするって、勇気のいることなんですね。
こちらが親切でも、受けては迷惑だと感じたり。
でも、どうみても親切は果敢にするべきものなのでしょうね。
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-11 18:50 | 思うこと

これって・・・

仕事上で先月からある男性と話し合う事が多くなりました。
話していると(仕事内容ですが)、嬉しいんです。
また、すぐに話したくなります。
でも、話しかけるのにはとても勇気が必要。
 「あ、忙しいかも・・・。あ、やっぱり後で・・・。うーん、でも話しかけたい・・・」
と、ウズウズしています。

これは、なんぞや。

私の席の後ろにコピー機があり、1日に何回かコピーしにやってきます。
背中に目、耳がダンボのようになってしまいます。
コピーをし終わった後、必ず、コピーカバーを開けっ放し、ドアを開けっ放しで帰って行きます。
だらしないけれど、そこも憎めない。

彼は27歳。2歳年下。
しかも、きれいな顔立ちです。背も高いです。
彼女がいそうな感じもします。
彼女がいるのならば、私は何もできないし、したくありません。

彼とは1年前から顔は見知っていました。廊下ですれ違う程度に。
飲み会には大勢の中の一人でいましたので接点はありません。

何も思わなかったのに・・・
うーん、どうしたというのだろう・・・。
春だから精神状態安定してないからですか、ねぇ。
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-10 20:06 | 恋愛

男友達

f0120851_18422386.jpg

<我が家の庭のももが咲き始めています>

最近、お弁当の時間に女性5人ほどで、わいわいと食べています。
「あと1ヶ月ちょいで、30歳になるから焦っているんです!」
と、本音発言したものだから、今日も私の話に・・・。

その中で、一番理想の男女の付き合いは
 友達→恋人→夫
だそうです。
気軽だし、付き合い始めたら発展は早いし、なにせ!と。

で、
「男と女に友情はあるか?」
がテーマになりました。(永遠のテーマなのかしら・・・)
私は、ある、と言えます。
プラトニックな恋でなく、本当の友情とよべるもの。

10年来の男友達が一人います。
何故だが縁が切れない。(ま、切ろうとも思いませんでしたが)
社会人になって、それぞれ忙しい時期の何年かは、全く連絡なんかしなかったのに、
ここ2,3年は二人で飲みに行ったりしてます。
上野駅周辺の単なる居酒屋とかで。
彼には彼女がいるし、私も彼がいた時にも二人で全く色気のない話をしながら、
モリモリと焼きそばなんか食べてました。

容赦のない言葉を投げられます。
 「フロムは恋愛結婚できないだろうから、お見合いしなよ」
 「ばばぁーだなぁ、フロムは」
 「その服、似合ってないよ」
怒ったりもしますが、そんな事よりも男の視点で意見を言ってくれるので、なかなか会話がおもしろい。
仕事の仕方だったり、人間関係だったり、デジカメのことだったり、親のことだったり・・・。
唯一の男友達です。

周囲からは
 「付き合ってるんでしょ?!」
って言われるんですけれど、二人に甘いムードはありません^^;
ガツガツ食べて、ガンガン飲んで、ダーダーしゃべって、はい、んじゃ、またね~!
で、別れます。

世の中、こんな関係もあるもんですよ^^!
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-09 18:46 | 友達

家庭円満の秘訣

昨日、親友とそのベイビー(5ヶ月)が遊びに来てくれました。
すっかりママの顔になった友達。体つき、表情、雰囲気がとても穏やかでした。
ベイビーもミルクの香りで暖かくて。
う~ん、きゃわうぃ~。

彼女の夫婦関係はとても良好です。
その秘訣は、やはり 努力

彼女は毎日、ご主人のためにお弁当を作ります。
そこには、ちょっとしたメッセージを添えて。
 「おつかれさま^^」
 「いつもありがとうね^^」
等。

ご主人も家事をしてくれるそうです。
ゴミ出し。食器洗い。米研ぎ。ベイビーの入浴・・・
お互いに大変さを思い合って、不満や不安があったら、とことん話し合って、ケンカもするけれど
彼女は毎朝、お弁当を作り、ご主人は毎夜、ベイビーの入浴をさせています。
家族の基本は夫婦愛なんですね。

たくさんある芸能人の離婚話を聞いて、彼女は怒っていました。
 「あんなに簡単に離婚しちゃだめいだよ。恋愛だったら別れてもいいけど。
結婚って、相手を信じて信じて・・・、でも長い人生に裏切られる事もある。
その時に、『でも一緒にいる』 ことなんじゃないかな。
すぐに別れるって結論出すんじゃなくて、待つんだよ、時間をおいて。
そしたら、いつか、『あ、大丈夫かも』 『ダメかも』 って言う瞬間が来ると思うんだ。」
と、淡々と話していました。

ある芸能人が離婚した理由のコメントとして
 「私みたいな孤独な人間を救おうとしてくれたのに、私は救われようとしなかったから」
と、ありました。
一緒に生活するってことは、一緒に生きてくことなんですよね。
自分の歴史の中で、どうしても乗り越えられないもの・解決できないものを抱えながらも一緒にいるって、本当に努力が必要。
この芸能人は孤独な部分を補おうとする努力が少なかったのかなぁ、と思いました。

親友の家庭を見ていて、本当に穏やかな気持ちになった一日でした^^
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-08 09:36 | 友達

通勤仲間

通勤中に定番の人が乗ってきます。
よーく、見ているとおもしろいものです。

ある駅では、小さな帽子をかぶった小さなおじさんが乗ってきます。
ある駅では、ロンゲ茶髪お兄ちゃんが乗ってきます。
ローライズのジーパンにブーツ姿の日とかっちりスーツの日を一日おき衣装チェンジしてます。
はて、どんな職業なのだろう??
ある駅では、赤いランドセルの女の子が乗ってきます。
私の中で 「ゆきちゃん」 と命名してます。
ゆきちゃんはどんどん背が伸びてきました。成長が嬉しく思うのは、親戚のおばちゃん気分です^^;
ある駅では、高校生のおかまちゃんが乗ってきます。
学生服を着て、どうみても肩幅もあるけれど、一生懸命に黄色い櫛で長い髪をときます。
爪なんかもピカピカ!
「ただ、う~ん、もうちょっと・・・なんだけどなぁ~」
何て言うのだろう、やっぱり思春期独特の男臭さがどうしてもにじみ出ているんです。
もっとキレイになれ、おかまちゃん!

彼らをみているけれど、私も見られているんですよね。
果たしてどう見られているのだろうか・・・
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-07 07:57 | 仕事

sweet

f0120851_22111413.jpg

<桜が散り始めました。春ってはかないですね>
フロム 「あと何ヶ月で30歳になると思うと,焦りなのか不安定になるんだぁ・・・」
という私の本音がポロリと出た、今日のお昼休み。
で、独身・30代女性2人と私のトークが始まりました。
女性Aさん 「30歳になるとき全然あせらなかったぁ~。胸を張って30ですって言えたもん」
女性Bさん 「私は焦った。フロムちゃんの気持ちよくわかる!・・・でも、何も変わらないよ・・・自分から何もアクションを起こさない限り、ね。」

帰り道、トボトボと歩きながら考えました。
なぜ、焦るのか?
   -本当は結婚したかったのにバリバリ仕事をしている。人生計画通りでない。

なぜ、なぜ結婚したいのか?
   -想い・想われるパートナーがいれば精神的に安定する、と思っている。(そうなるか分らないが・・)

今、何をしたいのか?
   -sweet なこと!

そう。これなんです。sweetなこと。
デートに何を着て行こうかしらとか、ちょっとでもきれいになりたいとか、次のデートには手をつないでくれるかな、この香りは好きかしら・・・等々、乙女ココロをかきたててくれるsweetな現象が欲しいのです。

職場と家の往復のみのこの生活にほんの少しの潤いが欲しい今日この頃です。
あら、イヤだ欲求不満だらけの日記になってしまった・・・^^;
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-05 22:12 | 恋愛

仕事の原動力

f0120851_19101868.jpg

<富士山の麓・河口湖へ行ってきました>
わたくし・フロムの仕事は福祉関係です。
お年寄りの生活を支え、できるだけ自立した生活を維持してもらおうと支援することです。
周囲からは
 「偉いわね~」
 「大変でしょうね~」
と言われます。
まぁ、大変です。
でも、偉くはないです。

この仕事はダイレクトです。
失敗、不愉快にさせてしまえば相手の反応がピピッときます。
逆に、相手の望んでいる事を汲んでいけば
 「ありがとう^^」
と言ってくれます。
仕事って人との関わり合いなんですよね。

仕事をする原動力って、相手が私を必要としてくれているという事実なんだ、って思います。
受動的な感じかもしれませんけれど、私はそうなんです。
ネクラなもので(本当に?!)
 「どうせ私には・・・」
なんて思うことがある私には
 「フロムさんが来てくれるとホッするわ」
と、言われる事が非常な喜びとなるんです、ハイ。
ダイレクトな仕事をしている醍醐味ですね^^。

福祉の仕事をしているからと言って、心清い人ばかりではありません。私を含めて。
やはり、仕事。
難しい人もいるし、役に立たない上司もいます。職場環境にも不満はあります。
でも、それってどんな仕事でも一緒ですものね。
今、いる場所で精一杯していくこと。
今はそれしかありません。

来週からは聴覚障害者の方への訪問です。
図書館で 『やさしい手話 ~初級編~』を借りてきました。
今夜はこれを読破だ!
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-04 18:54 | 仕事

29歳の岐路

f0120851_18412888.jpg

<近所の野原でタンポポ見つけました^^>

この年になると、全体的において落ち着いてきます。
周りを見る余裕が出てくる、というか。
交友を復活できる時期でもあります。
結婚した友達は新生活が落ち着き。独身の友達は刺激が欲しくなるほどマンネリ化した生活に慣れ・・・。

ある友達Aちゃんはカナダへワーキングホリディへ旅立ちました。
友達Bちゃんは出産をしました。
友達Cちゃんは元彼と復縁しました。
その他、結婚してご主人に浮気された友達や転職した友達、共働きで子育て奮闘中の友達・・・。

学生時代はみんな同じような生活を送っていたのに、30歳手前になってみたら、いつの間にかにそれぞれの人生・生活スタイルを送っているのですよね。
みんな精一杯に今を歩んでいます。

身体的な老いは歓迎できないけれど、年を重ねていく事はそんなに怖くはありません。
昨日の自分より、今日の自分!
来年の今頃、
 「あ~30歳になってしまうぅ~って焦っていたけれど、案外、いいもんじゃない~」
なんて言えるようになりたいです。

?今年の抱負か、これって??
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-03 18:44 | 友達

久しぶりの更新ですが

ブログを開設したものの、更新をせずに2007年。
しかも平成19年度にも年度改めになって・・・。
ココロを入れ替えて、続けて行くぞ!

さて、近況は変わらず、『 恋人いない・独身女・29歳 』 です。
30歳の誕生日まであと2ヶ月。
結婚しそうにも、妊娠しそうにもありません。

女性は30歳へカウントダウンをしていくんですね。
それまでは、プラス1歳、とカウントしていくのだけれど、30歳へは賞味期限があと何日あるか、とヒヤヒヤ数える感じで。
そう、ヒヤヒヤと・・・です。

こ、このまま私は老いていくのかしら・・・

鏡を見れば、いつの間にかシミができ、髪のつやもランクダウン。
気を抜いてウィンドーショッピングをしていると
 「あら、あのおばさんどこかで見たことあるわ」
と、思えば自分だったり。
友達の子供からは
 「おばちゃん、遊んで~」
とも言われるのも慣れてきて。
待ちを歩けばキャッチにすらも声をかけられず、武富士のティッシュをもらうのみ。
加速する老いは止められない・・・。

ちがう、ちがう!
私はフツーに恋愛をして、フツーに結婚しただけなのです。
大金持ち・ルックス良し・性格良し・高学歴の男性なんて望んでないのです。

でも、なぜゆえご縁がないの・・・?

先日、スピリチュアルの江原さんがおっしゃってました。
 『ご縁はただあるものじゃない。努力して見つけていくことです。』
って。
おお~、そうならば江原さん、私は見つけていく努力をしようと思います!

まずは、このブログを続けていきます。
自分の見返る場所にも、前進していく糧にもなるでしょうから!!
[PR]
# by from29to30 | 2007-04-02 19:09 | 自己紹介

できない理由

30歳を目前にすると正直
 「本当に結婚できないのか・・・」
と、不安になります。
例えば、ローンを組んでマンションなんか買っちゃって、65歳の定年で年金生活をし、終の棲家(有料老人ホーム)に移り住み、後見人制度を使って財産整理をして、あの世へぴょいっと逝くのだろうか。

これって寂しくないか?

周りの友達の3分の1が結婚していません。
共通していることは
 1、今の生活スタイルに満足している。
 2、仕事が忙しすぎる。
 3、切実に出会いがない。

1 について。
ある友達は恋人とも円満に早4年。1ヶ月に1回デートを重ねています。
で、こんな発言が。
 「結婚は怖いねぇ。だって今以上に会わなきゃいけないんでしょ?」
ちょいと遠い距離が心地よいんだそうです。

2 について。
ある友達は帰宅が23時の残業の日々。たまに定時に切り上げて飲みに行ったりもするけれど、
 「責任ある仕事が魅力的」
と、言いのける。
バリバリのキャリア志向です。

3 について。
仕事柄、女性ばかり。
合コンではいい人に出会えない。
かと言って、自ら漁るように出会いを求め外に出ていない。
・・・私のことです。


30歳まであと6ヶ月。
ちょっとは新しい事にチャレンジして行こうかな。
こうやって結婚できない理由を分析している暇があったら^^;
ま、このブログを開設したのもチャレンジの1つ。
続けて行こうっと!



 
[PR]
# by from29to30 | 2006-12-18 19:06 | 結婚

長電話

10月に出産した友達と1時間半の長電話。
2~3時間おきの授乳で不眠不足。
少しでもぐずればそばへ行き、ミルクを吐けば動揺する毎日だそうです。
でも、穏やかな時間を過ごしていて
  「今、ストレスが全くな~い」
と。

で、女性としての心境の変化を聞いてみました。
私   「ご主人に対してどう?」
友達  「この生活を維持していくために働いてもらってるから、いたわるようになったね~」

私   「親に対しては?」
友達  「今、実家にいて全部してくれるじゃん。産後の肥立ちもいいって先生に言われたし、感謝しかないよ~」

私   「じゃ、もう恋愛なんて考えられないよね?」
友達  「恋愛なんてつまらないよ!      
       これから一緒に生きてく運命共同体ができたんだもん~。必要な~い」
私   「3年前の○○(友達)ちゃんに聞かせてあげたいわ!」
友達   「結婚って、いいよぉ~」  ←しみじみと。

友達27歳・私29歳。
2つ下だけれど恋愛も結婚も出産も全て先にクリアーしてます。
分かれ道を歩いているんだなぁ、ってしみじみ思いました。
一緒に仕事をして、旅行に行って、しゃべって、買い物して・・・
っていう時間はもう終わってしまったんだなぁ。


私は寂しいのだろうか?
恋しいのだろうか?
羨ましいのだろうか?


でも、まぁ彼女が幸せに子育てしている姿を思うと微笑んでしまいます。
 「あーもうー」
とか言いながらも精一杯の愛情を注いでいるんだろうな。

彼女とそのベイビーに会えるのは来年の立春あたりでしょう。
楽しみです^^
[PR]
# by from29to30 | 2006-12-17 09:47 | 友達

from  ふろむ

ワタクシ、from と言います。
29歳・独身をしています。
三十路まであと何ヶ月。

おもしろいこと、考え込むこと、見たこと、感じたこと・・・
誰かへ、自分へ、でもないけれど日々のつぶやきをつづってみます。

最近のつぶやきは
 「う~さむっ」
 「あ~いたたぁ」
 「・・・結婚したい・・・」


どうぞ自由にコメントください^^
では、はじまり、はじまり。
[PR]
# by from29to30 | 2006-12-16 18:09 | 自己紹介