イロイロ思うことが多い年頃です。今のこと・未来のことのつぶやきです。


by from29to30
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

美顔へ

f0120851_18541.jpg

<ナショナル・ナノ>

ボーナスも出た事ですし、日ごろお肌のお手入れなんかもしないので、買ってみました。
美に目覚めます!

これはスバラシイ品物です。
本当にオススメします。

保湿&リラックス効果で、気持ちが良い~。
お風呂上りに、ナノの前に座り、シュシュシュ~とミクロの湯気を顔とデコルテに当てていきます。
う~ん、優雅なひと時。
4分ほどしたら、クールパターで冷却1分。
肌を引き締めます。
再び、湯気に浸り、やさしく顔のマッサージ。
自分エステしている感じです。

紫外線と排気ガスに汚染されている肌です。
少しでもお肌をいたわってあげなくちゃ。

美顔を目指します!
[PR]
# by from29to30 | 2007-07-05 18:12 | 好きなこと

健康診断

f0120851_22521.jpg

<問診表。『30歳・女』と明記されています!>
先日、職場で年一回の健康診断が行われました。
採血・身長体重・聴力・視力・心電図・レントゲン・問診。

男性職員は
 「採血の時に看護師さんが ”ごめんなさーい”って言ってたけど、オレ針の刺さった自分の腕なんて見られないから、想像だけで怖くなっちゃったよ・・・」

年配女性職員は
 「年々、背が低くなってきているのよねぇ」

わいわい、がやがや楽しいものでした。

身長は変わらず、体重は2キロ減っていました。
ここの所、仕事がハード&ヘビーで食欲がなくなっていたから。
もともと夏は5キロくらい減るので、大喜びはできませんでしたが^^;

昨年はオールA評価でしたが、さてさて、結果はいかに?!
[PR]
# by from29to30 | 2007-07-02 22:08 | 仕事

30歳誕生日ケーキ

f0120851_6541543.jpg

お好み画像を変えました。
30歳の誕生日に仲間がお祝いしてくれたケーキです。
ここまでしてくれなんて、嬉しい!
30歳、万歳 気分です^^
[PR]
# by from29to30 | 2007-07-01 06:56 | 自己紹介

雨の花

f0120851_6474093.jpg

f0120851_6482073.jpg

もう時期は過ぎてしまいましたが、紫陽花です。
仕事の合間に撮りました。
やはり、雨の花です。
晴天の中では匂い立ちませんね^^;
でも、きれい・・・
[PR]
# by from29to30 | 2007-07-01 06:51 | 好きなこと

お見合い話

仕事上、色々なご家庭の中まで入って行き、色々な事情を目にします。

先週の出来事。。。
ある家庭に行って、仕事がひと段落して
 「まだ、お子さんも小さいんでしょ?」
と。
フロム 「いえいえ、まだ結婚もしてなくて・・・^^;」
と、いつものセリフを言いますと
 「!あら~、いい人いるから会ってみませんか?」
と、お見合い写真を持ってきそうな勢いになりました。
フロム 「いえいえ!ホント結構ですっ。こちらには仕事できていますのでっ!」
こんなやり取りを4,5回続けて・・・
断るのもかなり強引でないといけません。

先週はそんな話が3件もありました。
嬉しい・・・やら、困ったやら・・・。
一人は中学校の先生     (かなり裕福な家庭の出身)
一人は警察官         (女性には奥手らしい)
一人は大手企業の会社員  (こちらも裕福らしい)

仕事でなかったら、もちろん飛びつくようにお見合いもしたでしょう。
が、実際は単なる仕事上での会話。
発展するわけにも、させるわけにもいきません。

冷静に考えると、まだお見合い話を持ってきてくれるだけでも、チャンスがあるのですね。
50歳を超えていたら、その話には触れてはいけないオーラがみなぎるでしょうし。
まだ、範囲内にいる自分なのですね。



でも、そろそろお見合い写真、撮りに行こうかなぁ~

本気で考えているフロムです・・・
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-29 18:39 | 結婚

ロハス

夏が年々暑くなってます。
地球温暖化。
すさまじい早さで進んでいますね。
その進行を食い止めるのには、まず自分のできる所から。
実践してます。

1、マイバックで買い物。いつも携帯しています。ポイント制度もなかなかお得ですし。
コンビニもほとんどレジ袋をもらいません。
2 ティッシュは一枚づつめくって使用。
ティッシュって二重にできているのですが一重でも十分に機能を果たします。

3 マイ箸を携帯。
とてもきれいなお箸を見つけられたので、割り箸なんて味気無い食器は使いませんっ。

4 車はできるだけ使わず自転車か公共機関。
自転車40分は活動範囲内です。ダイエットにも良いし!

あとはリサイクルとかゴミ分別とか節約は当たり前にしてます。

世界中の人が、自分が少しでもできる事から始めれば環境問題も解決していくんじゃないかな。
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-21 20:40

マック

f0120851_18215650.jpg

<噂のマック・フルーリー>
職場で噂されていた、マックの『マック・フルーリー』飲んでみました。
「食べた」
という方が正確か、な??

ソフトクリームの中にキットカットが散りばめられていて。
とにかく量が多いっ!
三十路女にとっては、半分の量で150円で、いいかな。

食後のちょっとした幸せでした^^
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-20 18:25 | 思うこと

寂しさ・・・?

あ~このままなのかもしれない・・・。

なんてちょっとだけ不安になったり。
夜、ベッドにもたれて、スタンドの光の中で本を読んでいたりすると。
恋愛できず、結婚できず、出産できず・・・。


年上の女性たちは大半、
 「結婚するもんじゃない。時代は変わっている。シングルで子供を育ててもいいじゃない」
と。
私は反問。
 「じゃ~、あなた達がやってみれば?」

架空の自分の人生を想像するのは自由。
 「もし、この人と一緒じゃなかったら、私の人生は・・・」
って思うのも。
でも、時間には『もし』が存在しない。

でも、彼女たちは『もし』を私にアドバイスしてくれる。


分相応の人生を送りたいだけ。
フツーに結婚して、フツーに家事をして、フツーに死んでいって。
でも、一番フツーが難しいんだ、ナ。

自分を変えたいのならば、自分から。
外部が変わってくれるんなて、無い。



昨夜の日記に
 『私には男の人が必要。
  隣にいなくては、いけないのだ』

なんて、書いて。
欲求不満に聞こえるかもしれない。
実際、そうなのだろう。
その欲求は、単に寂しさからきてる。

「あ~今日は真っ白な雲が出てるね。気持ち良いね。」
「ホントだ。そうだね。」
って、うなずいてくれる人がいるって、どんなにほんわりと幸せだろう。


毎夜、ちょっとだけ寂しくなるフロムです。
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-18 18:40 | 思うこと

ゆったり日

今月に入って、どこへにも出かけない休日。
金曜の朝から
 「よし、明日は引きこもるぞ!」
決意を固くしていました。

しかし・・・
ウキウキして早くに起きちゃって・・・
夏休みに入ったとたんの小学生に戻りました。

おめざに手作りのカボチャ・プリンとほうじ茶を食しながら、新聞を熟読。
ゆったりとした朝食。
あ~幸せ

で、二度寝!
これが最高なんだなぁ~^^

図書館へ行き、本を5冊借りました。
今、とても活字に飢えています。
これから午後は読書に徹します!

本、といえば。
学生の頃は、そんなに読まなかったのですが、二十歳を過ぎてから好きになりました。
乱読
ベッドの上に本を積み上げて、徹夜して読んだものです。
今は、もうしませんが^^;

紙を1枚めくっただけで、異世界に入れるのは快感。

よし、これから読んで読んで読みまくります!
あ~幸せ。
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-16 14:42 | 休日

おじさんと…

仕事関係のおじさん2人と飲みに行きました。
元お寿司屋さんでいいネタと焼酎が豊富なお店で。
一人のおじさんはセクハラチックだがシャイ、憎めないタイプ
今回3回目の席にして、やっと目を見て話してくれました。

発言がホントおやじ。
「あ、フロムちゃんのほくろ発見~」(胸元を見て)

ま~100歩譲って流してやりました。
30歳だもんオトナにならなきゃ~

しかし、そんなオヤジ…いや、おじさんは出世している。
組織の人間関係、心の機微、コネクション、私利私欲を知っています。
表には決して出ない話を聞けるのは、お酒の席ならでは。
来年の人事も見えてきそうな…

お酒は潤滑油
改めて感じた夜でした。
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-14 22:51

盆栽

f0120851_8224484.jpg

少ない趣味の一つ。
盆栽
もみじを愛でています。
今の季節は剪定。

朝、起きてすぐにベランダの窓を開けて、この盆栽に水をやります。
 「今日も良い天気になりそうだぁ。さ~たっぷり水を吸うんだよぉ。」
と、声かけなkがら^^;
コワイ??

秋にはしっかりと紅葉もするし、
春には新芽が吹きます。

20cm四方の器に四季を呼べる。
それが盆栽です。
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-10 08:29 | 好きなこと

f0120851_22543372.jpg

仕事の合間に緑の公園で一休み。
すっかり梅雨です。淡い紫陽花。

他の課では日曜日に障害児対象のイベントを開催するので、その荷運びの手伝いの合間。
は~幸せ

なんでみんな頑張って、隙間なく働いているんだろう?
追い立てられるように、いい訳するように。
その空気に飲み込まれそうになると、こうやって緑の中へ駆け込みます。
貴重なリフレッシュ。

素に戻れる場所があるって幸せです。


みなさんは、ありますか?
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-09 22:54

平成24年まで・・・

半休して行ってきました、免許の更新。
ついに、ゴールドになりました~。
一通を逆走しても、サイドブレーキ引いたまま運転していても、給油の仕方が今だに分らずとも、バックが下手であろうとも、無事故でいれば優良ドライバーになるのです!

かかった時間、1時間ちょっと。
こんなにすぐに終わるのであったら、さっさと来ればよかったよ~。

ですが、あの写真は相変わらずマヌケな写りでした。
(モトがモトだから仕方ないのだけれど・・・)
いつ撮られたのか分らなかったので、視線もイッているし、ヌーボーみたい。

これをあと5年。
平成24年まで持ち続けるのか・・・。
証明するたびに、この写真を提示するのか・・・。

その間に、せめて苗字は変わっていてほしい。
せめて、本籍だけでも。
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-06 16:00 | 休日

サラサラくん

仕事帰り切手を買いにコンビニへ行きました。
店員さんは今時の高校生男子。
「その前髪、邪魔じゃないのか?きみ~」
と、三十路女は思うサラサラ茶髪の高校生男子でした。
機械的なあいさつ
「いらっしゃ~ませ~。ありがと~ござ~したぁ~。」
こちらも
「あ、袋いらないです。レシートください。はい、どーもー」

外にある郵便ポストに入れてしまおうと店内で切手を貼っていたら(ま~ペロッとなめてです^^;)、サラサラ男子高校生が
「今、ポストに入れると6時くらいに取りに来るから道向こうのポストの方が早いですよ」
と、丁寧に教えてくれました。

お~サラサラくん、君はいい奴じゃないか!なかなかいないぞ、バイトくんが笑顔でそこまで教えてくれるなんて~。

感心しました。
「わざわざありがとうね^^」
と、私も笑顔でコンビニを後にしました。

う~ん、とても気持ちいい接客でした。

サラサラくんに幸あれ。
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-05 19:27

料理教室 part3


f0120851_1846208.jpg
最終回の料理教室でこれを作りました。

一緒に作ったのは20代前半の女性。
ちょっと、ぽ~・・・とした女の子。
私は相変わらず眠たいし^^;
でも、のんびり二人で作り上げました!

主食がいつもフランスパンだったのですが(そりゃ、そうです洋食ですから^^;)、生徒さんから
 「やっぱり、白いご飯が欲しいなぁ~」
と、出たので、用意をしてくれました。
ありがとう、先生っ。

以上で料理教室は終了。
after 5を楽しみました^^!


そして、白さんにバス停まで送ってもらうのもこれで最後の日でした。
帰りの支度で、一番遅くにエントランスを出た所で、ちゃんと待っていてくれました。
 「一緒に帰ろう!」
と。
仕事の話のみをして、トボトボと歩きました。
車中の私に手を振って
 「バイバ~イ」
で、おわり。
本当におわり。
それ以上の進展なし。


どうも、私がダメですね。
何やら、そわそわして彼に近づけません。
仕事以外の話はできません。
メールアドレスも聞けません。
冗談も言えません。

いつから、こんなに臆病になったのか・・・。

『年を重ねてから恋愛するのが怖くなった』
って、ドラマのありきたりのセリフですが、本当に、そう。

ありきたりの状態になっている、フロム30歳なのでした。
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-04 18:58 | 好きなこと

料理教室 part 2

もう終了してしまいましたが、5月に通った料理教室。
第2回目は、これを作りました↓
f0120851_18334460.jpg


私は夜は弱い人なので、睡魔との闘いでした^^;
先生の説明が17:00~17:45。
 「あ~眠い・・・眠い・・・もう、先生の作った、その見本のでいいから、食べさせて。
んで、帰らせて。眠いからぁ~・・・」
と、心の中で叫びつつ、必死に目を開けていました。

これを作ったのは、参加者の男性(20代後半)とでした。
スーツ姿で、紺のエプロンをして、奮闘していました。

フロム  「どうして料理教室に通おうと思ったんですか?」
男性   「自分でも作れるようになりたくて。自分で作った物って、やっぱり美味しいじゃないですか^^」

男性がワイシャツをめくって、一生懸命包丁を握っている姿も、いいものでした。


そういえば、このレシピをもらっても、一度も家で作ってない・・・。

料理教室の成果はいつ発揮されるの?!
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-04 18:42 | 好きなこと

いくつに見られるか

友達と話していて、いくつに見られるか美容院で分る!ってことになりました^^;
友達は先日、美容院に行ったそうです。
そこで、用意された雑誌。
 VERYY  オレンジページ
だった、と。
で、友達いわく
 「これってさ~、私は主婦に見られてるって事だよね?」
まさに、そう!

20代前半は
 『anan』 『Can Can』
など用意されていました。
が、今は30代~40代をターゲットにした雑誌になるんですよね。

以前、こんな風に用意されました。
一番上の雑誌は 『Oggi』 『VERY』 『婦人画報』 そして 『anan』
最後の 『anan』って・・・ちょっと無理ないか?
 「30歳すぎだろう~、でも、もし違かったら悪いから、『anan』でチャラになるかなぁ」
という、美容師さんの動揺が伺えます。

美容室での用意される雑誌の種類で、自分の見た目年齢がわかるのです。
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-02 22:14 | 休日

ポツンと思う

人を好きになるって、厄介だ。
ちょっとした事で嫉妬するし、弱気になる。
そんな気持ちになる自分も手におえない。
フツーに話しかけられない。
フツーにあいさつもできない。

あー、イヤだイヤだ。

かなり落ち込み気味の週末です。
[PR]
# by from29to30 | 2007-06-01 18:33 | 恋愛

職場の40代の女性とこんな会話。

女性 「つまんないな~って最近思うのが多くて、ね」

フロム 「私は寂しいって思いますよ」

女性「なんか日常的に笑っちゃえる事ないかな~。例えば石油王と結婚するとかさ~」

フロム「それってお金と結婚したいんじゃないですか!?」

女性「そうとも言う!でもハンサムで優しくて…だったらいいよね~」

フロム「そういう人には裏がある!」

女性「素直じゃないね~じゃ、どんな裏よ?」

フロム「夜に変身するとか、さ…(苦しまぎれ)」

女性は大受けでしたが、あら~私は人の裏をかくような人間になってしまったのだわ(>_<)


こんな会話のお昼休みでした☆
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-30 21:36

東京丸の内ビル

東京・丸ビルの公開録音に行ってきました。

主催 J-wave (FM 81,3)
開場 18:30. 開演19:00. 
出演 村治佳織 (クラシックギターリスト)
    古武道 (ピアノ・チェロ・尺八のトリオ)

ほとんどテレビを見ずに、ラジオで過ごします。
村治佳織の番組を聞いていて、応募したら、当たりました!
丸ビルも久しぶりで、隣には新丸ビルもキラキラと夜の光を放っていました。

やはり、プロってすごい。
人生のあらゆるものをつぎ込んできた自信とプライドと情熱。
だから、魅力的なんですね。
楽器は優雅な形をしているけれど、演奏は激しい。
その演奏姿を見るのも、またライブならでは!

丸ビルの1Fエントランスホールで行われていたので、ガラス張りの道路の向こうの通行人が
 「あれっ?コンサートじゃない?」
と、観客がどんどん増えていきました。
夕暮れから夜になって、ホール内の光が外にあふれて。


またしても、一人で行きまいした。
友達を誘ったのですが、仕事に追われてしまって^^;。
一人で座っていて、ふと寂しくもなりました。

   感想を言い合えないって、なんか、な・・・。

この寂しさは相変わらずいるんですね。
30歳になったから、周りを見るとカップルだけだから、とかではなくて、寂しさは継続しています。
楽しい思いは共有したい。

さて、いつできることでしょうか・・・。

お世話になっているある年配の女性が言いました。
 「フロムちゃん、もっと幸せになっていいんだよ」
ビックリしました。
自分はもう、これくらいの幸福度でいいんだ。
と思っていた(思い込もうとした?)のに。

もうちょっと欲を出して、幸せになりたいです^^
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-29 22:39 | 好きなこと

三十路になりました!

先週、三十路になりました。
感想・・・。

30歳、万歳!
とてもいいものだぁ~!!


です。
あんなに四苦八苦もがいていたのは、はて、何だったのだろうか・・・

気持ちがこうなったのは、30歳の誕生日の夜に仲間がお祝いしてくれたからです。
職場の若手たちが8人が深夜2時まで、ホント盛大に祝ってくれました。

こんな誕生日は初めてでした。

仲間がバースディ・ソングを合唱してプレゼントを贈ってくれ、ガハガハ笑って。
こんな30歳の誕生日を迎えるだなんて、思ってもいませんでした。
だから、本当に本当に嬉しかった。

プレゼントもたくさん頂きました。
ヒスイの手作りブレスレット。
元気語録カレンダー。
お風呂セット。
CHANELの口紅。
手作りのハートの置物。
花束。
・・・
そして、
 「フロムちゃん、おめでとうぅ~!」

もぉ~嬉しくて嬉しくて。

8歳か9歳の頃の誕生日を迎えたのと同じ気持ちでした。
単純に
 『お祝いしてもらって、うれしい!』
仲間がいて、友達がいて、そういう人たちと一緒に仕事をしていて、お祝いしてくれて。
幸せだぁ~。

と、言うことで30歳初日は二日酔いで一日中ベッドの中でした・・・^^;


さて、このブログ。
めでたく無事に三十路になりましたが、このまま続けようと思っています。
誰に向けてでもないのですが、これを作ることで整理ができるような気がするのです。
公開にする必要もないのですが、コメントくださる方々に励まされていますし、それがまた楽しいので^^。
どうぞ、末永くよろしくお願いいたします^^

三十路になったフロムでした。
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-28 18:39 | 自己紹介

20代最後の日でした。
親友からメールで
「20代最後の一日を大切に送ってね」
ともらいました。

あ~そうか。最後か~…

カイントダウンもここまでくると、もうあまり動揺はしませんね。
30歳になったからと言って、日が西から昇るわけでもないし。

今日も一生懸命働きました。会議も無事に終わったし、トラブルもなく。静かに日がくれています。

ちょっと買い物して帰ります。

お疲れさま、フロムよ!
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-24 17:54
f0120851_19144388.jpg

<朝顔の種を植えました>

職場の庭に朝顔を植えました。
夏にはきれいな朝顔がつたをつたってくれるだろう、と。

職場には用務員のおじさんがいます。
茶髪のパンチ・パーマに組織のトップにも
 「ここにゴミを置いてもらっちゃ~、困るんだよ~!」
と、言えるくらい、ポジションの高いおじさんです^^;
(でも、奥さんと共働きだから、夕飯に肉じゃがとか作ったりするんですけどね)

で、その用務員さんに
 「朝顔、育ててるんですよ^^」
と、言ったら、ニヤッと笑って・・・
 「そんなガタイいいくせして、可憐な花を植えやがって~!」
と!

おおー、用務員さんよー、それはあんまりじゃないかー(T0T;)!

あまりにも悔しかったので、午後に廊下ですれ違ったとき
 「用務員さん、私も朝顔のように可憐でしょ?!」
と、冗談をいいました。
 「あー、そうさー、そうさー、本当にそうさー、可憐だねぇー!ハッハッハ!!」

・・・惨敗でした。

以前にも、イスの高さを調節してもらおうと、頼んだら
 「力ありそうに見えるのに、こんなこともできねーのかー?!」
と、すんなり直してくれました。
しかも、イスを雑巾で磨き上げてくれて。

毒舌だけれど、憎めずに頼りになる用務員さんです。


いつか勝ってやろう用務員さんに・・・
と、密かな闘志を燃やしているフロムなのでした。
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-22 19:20 | 仕事

クラシック・コンサート

金曜の夜。ブラームスを聞きに東京芸術劇場(池袋)へ行ってきました。
もちろん、ひとりで・・・!
f0120851_101384.jpg

<大ホールはこの上にあります。パイプオルガンのある美しいホールです>

好きなんですクラシック。特にピアノ。20歳過ぎても習っていたので愛着があるんですね。
落ち込んだ時は、ピアノを弾きながら心の整理をしてます。

昨夜はウラディミール・フェルツマンが2年ぶりに来日したので期待して行きました。
彼のピアノを初めて聴いたのは偶然ラジオで。
バッハでした。
 「なーんて理論的で、ずしーんとしているんだろう。強いなぁ」
と、印象に残り、やっとライブで彼のピアノを聴くことができました。

f0120851_1015854.jpg

<彼のパンフレット>
予想以上に強く、重い音でした。
川の上流にある、でっかいゴツゴツした岩のような感じ。
彼の人生も(ソビエトから抑圧を受け、冷戦後の今はアメリカで後継者の指導をしている)彼の意思もそうなのだと感じました。

私は末席でした。
聞ければいい、空間に入れればいいだけなので、どこでもいいので。
で、隣に座っていたおじいさん。
運動靴にジャンパー姿。
 「ちょっとそこの公園を散歩してくるよ~」
みたいな格好で、静かに座っていました。
演奏が始まると、目をつむり、微動だにせず、全身神経をかけて ’聴いて’ いました。
彼の演奏が終わると、やんわりと笑顔で静かに拍手をしてから席を立ちました。
休憩をはさんで、次はオーケストラだけのブラームス交響第4番が始まるのですが、ライトダウンしても帰ってこない・・・。
 「おじいさん、大丈夫かしら・・・」
座席の下には、入り口で配られたパンフレットだけがきちんと置かれていました。

あ、おじいさんはフェルツマンのピアノ演奏だけを聴きに来たんだ。

本物のファンでした。

あの会場ってたくさんの人が来て、それぞれの人生を持って座って、同じ音楽を聴いているんですよね。
だから、おもしろい。
後ろの席のカップルの男性は、人生のウンチクみたいなのを話していたし、前の席の音大の女子生二人は勉強として聴いてたし、初めて聴きに来た夫婦もいるし。

クラシックって格調高いと思います。(良い意味でも・悪い意味でも)
だからと言って、全て最高の音楽とは言えません。
音楽は個人の好き・嫌いだけなんだと。
人生の中で、色々な事が起こります。
そんな時に偶然に必然的にある音楽が聞こえてきて、心の中で起こっている想いと音楽がリンクして、
 「ああ、いい音楽だな」
って、感じるものなんでしょうね。
個人的なもの。

とても良い夜でした。
また来よう。
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-19 10:05 | 好きなこと

f0120851_2383672.jpg

職場の女性から
「独身女のフロムちゃんへプレゼント~!」
と。するめのスナック菓子を頂きました。題して…
『恋するめ』
恋する乙女とするめをかけたんですね(-.-;)
「これ、しゃぶって男、作んなさいよっ」
と過激な発言も頂きました…おつぼね様には怖いものがないようですね。
甘く、後味がピリッとしてなかなか良いオツマミでした(^_^)

キャッチフレーズもいいですね~
『甘さふんわり、ちょっぴり辛い恋の味…』
はて恋ってこんな味だったっけ~ (ノ-o-)ノ
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-16 23:08

プロとして

お年寄りに関わる仕事をしています。
「仕事、大好き!」
とは、言えません。
大変な事の方がはるかに多いです。
でも、すご~くたまに、奇跡みたいな出来事が起こるので、私はこの仕事を続けています。
『興味』みたいな感覚を持って、今までやってきました。

今日はあるお年寄りが亡くなった、と連絡を受けました。
これが、この仕事の中で一番つらい事です。
もう、この世にはいなくなるのですから。

同じ部署の人たちもベテランです。プロです。
感情に流されずに、すべき事は的確に行います。
で、暗黙のルールがあります。

しゃべらない

それぞれがショックを受けます。
しかし、表面的な慰めは言い合わないことです。
それぞれが、それぞれの仕方で、自力でショックを修めていくのです。
その時、言葉は不必要になります。

だから、今日は一日、外の通りの音が聞こえてきました。

よし、これから一人酒。
また、明日から笑顔で人と会えるように。
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-15 18:41 | 仕事

南 桂子

趣味の一つ・美術館巡り。
去年、何気なく新聞に載っていた『南 桂子』という版画家の絵が心に残りました。
先週、雑誌を眺めていたら、彼女の展覧会が催されているのを偶然に知り、昨日行ってきました。

東京都中央区にある
『浜口陽三ミュゼ』
の一角に南桂子の版画作品が掲げられていました。

f0120851_17355887.jpg

<入り口です>

南桂子は人生のパートナー・浜口陽三とフランスへ渡り、作品を作り続けました。
38歳から83歳になるまでフランスとアメリカで暮らしていました。

なんで、こんなに惹かれるのかしら。
寂しげな雰囲気と絶対にあった少女の頃の香りがはっきりとあります。
思い出したくないくらい、しーん・・・とした女の子の時だった自分の心を版画で表現してくれています。


f0120851_17403916.jpg

<ギャラリーの端にはカフェがあります。ここでちょっと一息>

彼女の画集をみながらお茶をしました。
贅沢な時間が流れます。

f0120851_17475774.jpg

<ここでしか食べられないチョコレートケーキです。ほ、本当に美味しかった>

カフェは4席しかありません。
店員さん(美術館の受付の方)が静かに丁寧にケーキセットを運んできてくれました。
外はお天気で、人通りがすくなくて、穏やかな土曜の昼下がりでした。
お客さんは私一人。
魅力的な版画に囲まれて、おいしいケーキとコーヒーを頂いて、しんみりしたひと時でした。
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-13 17:54 | 休日

おんな三十路論

お昼休みに、去年まで一緒のフロアで働いていた33歳の女性とこんな会話をしました。
フロム  「もうすぐ30歳になるんですけど、○○さんは三十路になる時、何か思いました?」
女性   「ワクワクしたよ!19歳の時に二十歳になるワクワク感と同じようにね^^」
フロム  「私は憂鬱というか、不安というか・・・」
女性   「それは、さぁ~・・・」

女性の論は以下の通りです。
20代から30代になるなんて、何も変わらない。
フロムちゃんが憂鬱になるのは、若さに重きを置いているからではないか?
 「若いから得。年を重ねているから損。」
なんて、最近流行っている社会現象みたいなもので、そんなのに埋もれる必要はないじゃないか。

なるほど!と思いました。
それも一理あると。

女性の30歳というのを私は鉛のように重たく捉えすぎなのかもしれませんね。
と、言いつつ、やっぱり私は20代に目標にしていた結婚・出産を経験できなかったのが惜しいのだと思いました。

お昼休みのほんの2分の会話でした。
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-11 19:13 | 思うこと

料理教室

f0120851_18321470.jpg

<スペアリブの香草焼き。ホタテの香草炒め ~料理教室にて~ >

実は、5月から料理教室へ通いまいした。
通う・・・と言っても、全3回で、しかも、職場の2階で行われるものなのです。
お手軽教室ですね。
しかし、先生は○○女子大学の講師の方で、とても紳士的な方です^^。

これを申し込みしたら、偶然に『白さん』も受けるつもりだ、と・・・。
で、一緒に受けています。

全員で7名。
3グループに分けて、のんびりと楽しく受講しています。
ここで、発見!
 「私って案外、料理好きなのかもっ」
作っていると無心になれるので、昼間にあったイヤな事がさっぱり。
しかも、終わり頃には料理ができているわけですから。
むむ~、なかなかストレス発散だぞ。
自分の意外な一面が発見されたのでありました。

三十路前にして手習い。
これ、なかなかに良しのこと。
全ての子女に、勧めるべきものなり。
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-10 18:46 | 自己紹介

Rest Room talking

職場のお化粧室は、女のホンネが出る場所でもあります。
今日のお昼。
違う課の女性(35歳)が話しかけてきました。
午前中にこんな事があった、と言うのです。

○○税理士事務所に行ったら、そこの社長さんが
 「君はいくつなの?」
と、聞いてきました。 
 「35です。」
普通に返答しました。
ところが、その社長さんは
 (「ま、まずいことを聞いた!」)
と、ハタと思ったらしく
 「いやぁ~今の時代は女性も仕事をしっかり持っているしねぇ~!結婚せずに頑張っている女性も多いし~!(冷や汗)」
と、フォロー(?)が入りました。
女性も
 「もう、行き遅れちゃって^^ (いたって、普通)」
と、言ったものの・・・

「ねぇ、フロムちゃん、これって私はどうしろって言うのかね??
私気にしてないのに、相手がイヤに気にしてくれると、自分が恥ずかしくなるわよ~

むむぅ~。
やはり女性に年齢を聞くにはそれなりの姿勢が重要ですよね。

パターン1。
結婚しているのが前提で、年齢を聞いてくる。
  →「お子さんはいくつなの?」 「旦那さんは優しいの?」など世間話を広げる手段。

パターン2。
こちらに『女』としての興味で、年齢を聞いてくる。
  →恋愛のキッカケ。

パターン3。
単なる世間話の流れで、年齢を聞いてくる。
  →女性側が結婚していないとなると、自滅行為につながる・・・

職場の女性の場合、パターン3になるのでしょうね。


世の男性諸君、女性に年齢を聞く時は気をつけたまえ。
女性が年齢を披露した、その次のあなた達の言葉に男性として、又、人間としての価値観が現れるのだから。


なーんて、肩張って言ってみました^^;
[PR]
# by from29to30 | 2007-05-08 19:51 | 仕事